2007年01月13日

伝説のオウガバトル 91点

さて・・いよいよコレを紹介するときが来た!
一番のオススメはタクティクスオウガだが物事には順序があるッ!
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BC%9D%E8%AA%AC%E3%81%AE%E3%82%AA%E3%82%A6%E3%82%AC%E3%83%90%E3%83%88%E3%83%AB
ゲーム内容に関してはウィキペディアにお任せするとして・・
ここではこのゲームのポイントを押して行きたい。
まずゲームの難易度!
このゲームが出た当時はスーファミがハードだったわけだが
そんな時代にはインターネットで孫略情報を探すなんてできない!
基本的に友達同士で情報を交換していたわけだ。
普通にプレイすれば天空の騎士に会うどころか
カオスフレームすら溜まらない!
むしろヴァンパイア軍団が街に常駐なんて当たり前!
エンジェルナイトなにそれ!ですよ。
ファミ通で5000ガバスゲットでうはうはだゼ!
とかやっていた時代である。
マリオカートでクッパがいかに最速タイムを出すか競っていた時代である。
孫略本がほとんどなかったおかげでヌルゲーマーは駆逐され
ついてこれるやつだけついて来い!的なアグレッシブなゲームばかり
発売されていた時代である!
そういう時代にこのゲームは颯爽と現れた!
しかもクエストなんて聞いたこともない会社が作ったものだ。
ジャレコのほうがまだ有名だ。
というわけで発売当初はあまり人気がなかった(と思う)
しかしこのゲームのやり込み要素は半端じゃなかった・・
当時この手のゲームで
ゲームクリア回数が二桁に達するのはこのゲームくらいジャマイカ?
あまりのやり込み要素の為に多くのコアユーザー達が
ギルバルトLOVEになってしまったのは悲しい過去である。
だがじょじょに情報があかされていくにしたがって爆発的な人気を得た!(言い過ぎかも・・)
んでふつーにプレイしてたらただの戦争ゲームだったのが
聖剣ブリュンヒルドを発見してからというものほとんど別のゲームとなり、
シナリオの巧妙さ、キャラクターの個性にしびれるのあこがれるのなんのって!
ホント革命的なゲームでしたね。
ゲームはビジュアルやサウンドだとか思ってる今のライトゲーマーに
是非やってほしい作品であります!

もちろんスーファミ版でな!
ラベル:オウガバトル
posted by sazanx at 11:50| Comment(0) | TrackBack(0) | TVゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。